一人薬剤師 転職 判断基準

一人薬剤師がマジで”つらい”んだけど、

  • まだ頑張って続けた方がいいのかな?
  • 先の希望が見えないし、辞めるべきかな?
  • 残るか転職するかの判断基準が知りたい。

こういう薬剤師に向けて記事を書いていきます。

この記事を書いている私は、3店舗で一人薬剤師の経験があります。

最初の店舗では、「一人薬剤師、マジでつらい!! もう無理、、、辞めたいなぁ」という状況でした。

でも、私の場合は、周りのスタッフの協力もあり、半年間、頑張ることができ、一人薬剤師に慣れることができました。

が、職場の環境があまりにも悪くて、辞めていくというケースもあるようですね。

実際に、一人薬剤師がつらくて辞めていった薬剤師を知っています。

また、私が一人薬剤師を経験していたので、「一人薬剤師がつらくて困っています」と相談を受けたこともあります。

この記事では、一人薬剤師で”つらい”状況の中、

  • 辞めるべきか?
  • 残るべきか?

の判断ができずに困っている薬剤師のために、記事を書くことにしました。

この記事を読むことで、一人薬剤師を辞めるか、辞めないかをハッキリさせることができます。

”残る”か”転職するか”は、3ステップで判断する

辞めるかどうかを正しく判断する方法には、3ステップあるのです。

  1. つらい原因を特定する
  2. その原因は自分で解決できそうか
    (一時的なもの、長い目で見れば認容できそうなら、解決できると考える)
  3. 「解決できないこと」が、「辞めたいほどつらいこと」なら転職を考えるべきです。

「過去の私のケース」と「私の後輩のケース」を具体例として紹介します。

一人薬剤師がつらい”原因”と”解決策”(私のケース)
”つらい”原因 自分で解決できる? 左の具体的な理由
薬の渡し間違いがないか不安 解決できる 事務スタッフにダブルチェックをしてもらう
薬歴を書く時間がない 解決できる 翌朝に早く出勤すれば書けそう
やることが多すぎる 時間が経てば、
解決できる
業務になれれば、なんとかなりそう
待合室が混むと焦る 解決できる 事務スタッフに調剤補助をしてもらえば、問題ないだろう
他店からのヘルプがなく、有給が使えない 解決できる ヘルプに来てもらえるように環境整備をする
事務スタッフと仲がよくない 解決できる 仕事だけの付き合いと割り切ればいい

以上の私の例では、

一人薬剤師がつらかったのですが、時間が経てば自分で解決できる問題だったので、辞めませんでした。


次に「私の後輩のケース」を紹介します。

一人薬剤師がつらい”原因”と”解決策”(後輩のケース)
”つらい”原因 自分で解決できる? 左の具体的な理由
薬の渡し間違いがないか不安 解決できない 事務スタッフは事務作業のみで薬に関わろうとしない
薬歴を書く時間がない 解決できる 30分~1時間くらい残業すれば、なんとか書ける
やることが多すぎる 時間が経てば、
解決できる
業務になれれば、なんとかなりそう
待合室が混むと焦る 解決できない 事務スタッフはピッキングをしてくれないので、調剤・監査・服薬指導は自分だけ
他店からのヘルプがなく、有給が使えない 解決できない ヘルプを依頼したが、定期的には来てくれないみたい
事務スタッフと仲がよくない 解決できる 仕事だけの付き合いと割り切ればいい

 

以上の私の後輩の例では、

事務スタッフが全くピッキングをしてくれず、事務スタッフのチェンジもしてくれなかったようです。

そして、

事務スタッフがピッキングをしてくれない

自分一人で、調剤・監査・服薬指導をする

待合室が激混み

待合室から「薬はまだかー!!!」クレームの嵐

自分一人がパニックになる

 

という状況が続き、「待合室が混むと焦る」ことが、「解決できない、辞めたいこと」であったため、辞めました。


次は実際に、あなたの”つらい原因”についての一覧表を作成しましょう。

少し面倒かもしれませんが、自分がつらい原因を特定することで、解決策が見えてくるのです。

一覧表を作成するポイントは、先ず「自分で解決できることは何か?」を考えること。

そして、できれば、”自分で解決”をして、”辞めずに残る”ことをおススメします。

なぜなら、

  • 「辞める→転職をする」ことは、とてもエネルギーがいることだから
  • 自分で解決せずに、現状から逃げていては、いつまでたってもスキルアップができないから
    →原因を考えずに、簡単に転職をしていると、逃げ癖がつきます。

つらい原因の解決策を考える過程で、今「解決できないこと」があったとしても、

  • 一時的なもの
  • 長い目で見れば認容できるもの

であれば、辞めずに続けてみることをおススメします。

”つらい原因”と”解決策”を一つ一つ考えていくことで、今、感情的に”つらい”と感じていることを、冷静に見つめなおすことができるのです。

紙とペンと10分間もあればできることです。

「解決できないこと」=「辞めたいほど”つらい”こと」は人によって違う

上の事例は、あくまで、私や後輩の事例です。

仮に、私がいた職場で、私と後輩が入れ替わった場合、私は退職をしませんでしたが、後輩なら退職をしたかも知れません。

なぜなら、人によって考え方が違うため。

つまり、「解決できないこと」=「辞めたいほど”つらい”こと」は、人によって違ってくるということです。

例えば、「事務スタッフと上手くいかない」ことが、「辞めたいほどつらい」と思う人もいますし、

逆に、事務スタッフと上手くいかなくても、「職場のつきあいだけ」と割り切れる人もいるかもしれません。

だから、あなたの「自分で解決できないこと」=「辞めたいほど”つらい”」を考えましょう。

最後の挑戦|ヘルプ・パート採用を依頼してみる

もし、「辞めたいほど”つらい”」ことが、

  • 他店舗からのヘルプ
  • 忙しい時間帯だけパート薬剤師を採用

といった方法で、解決できそうなら、上司にヘルプやパートの採用を相談してみましょう。

相談するときは、「ヘルプやパートが見つからなければ、自分は辞職を考えている」と話すと、真剣に考えてくれることが多いです。

そりゃあ、会社も辞められると困りますから。

それでも、対応してもらえないのなら、転職を考えるべきです。

会社が「辞めたいほど”つらい”こと」を解決してもらえず、野放しにしているようなら、何年経っても解決なんてできません。

「この状況、何年経っても解決できないなぁ」というのは、私の実体験と転職相談を受けるたびに思っていたことですが、まんざら間違っていないと思います。

転職候補の薬局を同時に探し始める

「今の薬局を続けるのは”もう無理”」と分かれば、すぐに、転職候補の薬局を探しはじめましょう。

すぐに探す理由は、

自分に一番適した薬局を探すのに、1ヵ月はかかるためです。

探す方法として、「自分で探す」こともできますが、あまりにも効率が悪い上に、全くと言っていいほど正確な情報が得られません。

そこで活用できるのが、転職サイトです。

なぜなら、転職サイトは、

  • 全国の薬局の内部事情を把握できる
  • 色んな薬剤師の転職相談を受けた実績がある
  • 転職サイトの役割は”失敗のない転職”
    ⇒裏事情ですが、転職先の薬局を半年以内に退職してしまうと、転職サイトの儲けが激減するのです。
     だから転職サイトは、「転職させる」だけでなく、「転職後も続けれる薬局に転職させる」のを目標にしています。

さらに、転職サイトへの依頼は、

  • 今の会社に内緒にすることができます。
  • 一人薬剤師が”つらい”の問題が解決し、転職の必要がなくなれば、遠慮なく、転職サイトにお断りをすることもできます。

「せっかく転職先の薬局を探してもらったのに、、、」と思うかもしれませんが、事前に転職サイトに「今の自分の状況」を話しておけば、全然問題のないことです。

なお、転職サイトは、コンサルタントが強引に転職をさせないところを選ぶべきです。

おススメの転職サイトは、ファルマスタッフ薬剤師転職ドットコムです。

薬局転職については、薬局薬剤師を辞めたい|転職に失敗しないための2つの情報と収集方法で詳しく説明しています。

一人薬剤師がきつい→転職判断基準

まとめ

「今、一人薬剤師がめちゃくちゃ”つらい”んだけど」という状況なら、”つらい”原因は何なのかを考えてみましょう。

それを考える方法を、この記事で紹介しました。

ここで説明したとおりにやってみると、

  • 今は”つらい”けど、環境に慣れれば、全然問題ない。
  • 確かに”つらい”けど、自分が気にしなければ問題ない。

という、辞めるほどではないことが分かってきます。

中には、「辞めたい原因=自分では改善できないこと」も出てくるかもしれません。

それが出てくれば、環境を変えるしかありません。

環境を変える優先順位は、ヘルプ・薬剤師採用の依頼>転職です。

できるだけ、現職に残ることをおススメしますが、

もし、ヘルプも無理、薬剤師採用も無理 なら、転職を考えるときです。

「今の薬局に見切りをつける→行動を起こす」のは、できるだけ早い方がいいです。

なぜなら、行動を起こさなければ、何も変わらず、現状が悪化するだけだからです。

失敗しない薬局転職のコツは、「転職先の薬局で働いている自分がイメージできるくらいの情報収集をすること」です。

詳しくは、薬局薬剤師を辞めたい|転職に失敗しないための2つの情報と収集方法で詳しく説明しています。